忍者ブログ
ボカロPなんてやってます。 クラシックとメタルと日本とが好きです http://www.nicovideo.jp/user/19114664/video https://twitter.com/MetalCafeteria http://theinterviews.jp/metalcafeteria http://piapro.jp/HeavyMetalCafe

人気ブログランキングに参加しています初めにクリックお願いいたします!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人気ブログランキングに参加しています初めにクリックお願いいたします!
エントリーのみ先行公開です。URL等は追記しますね。

◇歌詞◇
一応僕の体験をもとに書いてみました。
体験を歌詞にするのはレアです。この先もあまりやらないと思います。
BメロとCメロの音数とリズムが特殊だったのでつけるのは苦労しました。

◇作曲◇
今回プログレ成分はあまり強くないと思うんですが、一味変わったことをやっています。
まず、左右ギターの、リズムが違う単音リフ+それともリズムの違うボーカル、
曲調のがらりと変わるCメロDメロ、
何故か2拍目から入ってきて終着地点がずれるボーカル、などなど。
ギターのフレーズは多くの部分が、いつもの同じ音を刻み続けるようなリフとはちがった、リズミカル、グルーヴ感を重視したものになっています。ここは録音の項で後述しますね。

◇音作り◇
僕が今までニコ動にあげてきた中で一番ヘヴィな音作りになったと思います。
Dream TheaterのEndless Sacrifice辺りを参考にしたEQを組んでみました。
主役はギターだとばかりにギターが主張しています(笑)

◇録音◇
左右を別録りにしました。
そうしないと、左右からギターが聞こえている感覚にならないんですよね。
ちょっとしたリズムのずれ、音色のずれがないと、そういう感覚が起きないんですよ。

いつものフレーズとは違う性向のフレーズを録音するのは難しいですね……。
かなり難航して、一週間くらいずっとこれにかかりっきりになりました。
その分丁寧な仕上がりにはなったかなと思うんですが、如何でしょう?
まだ至らない部分はあると思いますが、今回の録音で練習すべきものが結構見えたので、それらを練習メモにしたためました。
これからの練習によって今回のようなこういうリフの録音を楽にできるようにしていきたいなと思っています。

◇機材◇
Guitar:Caparison TAT2
(HPはこちら:http://www.caparisonguitarcompany.com/ja/products/regular-series/tat/item/tat-ii)
PUはハムで録音。
アルダーらしい芯のある音と、メタル向きのへヴィーな音の両方を持つギターです。
この間修理に行ってきました。今回のこの音はこの子じゃないと出せない音だったでしょう。修理してよかったと思います。
Amp:ENGL:Powerball(PODX3内臓):左チャンネルのリズムギターに使用
   粘りがあって冷たい音という印象。ゲインは結構抑えたけれど、それでもこの音というハイゲインさ。
   これからもMesa/Boogieとの併用をしていく予定
  :Mesa/Boogie Dual Rectifier(PODX3内臓)右チャンネルのリードギターに使用
   ザクザクした音で、歯切れがいい。ゲインの幅が広く、ハイゲインの音にもそうじゃない音にも使える
   ちょいと前から僕の相棒。
PR

人気ブログランキングに参加しています初めにクリックお願いいたします!
多忙を理由にブログをサボってました。どうも玉鋼です
さて、新曲「乙女☆の純血は純潔の証」の紹介です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21224721

歌詞はほとんどメッセージのないものにしてみました。
まあ曲調に合うくらい重いんですけどね。笑
テーマはメンヘラです。ヤンデレと言うよりもメンヘラですね。
薬の名前を調べるのにちょっと手こずりました笑

そして、今回はじめてドイツ語を使ってみましたよ。
最後のサビのところは転調と相まってかなりドラマチックな感じになっていると思うのですが、いかがでしょうか。
こういうこと言うのは良くないと思いますが、僕のメロディーと相性がいいのは日本語じゃないんじゃないかなと疑いたくなりました。
ちょっと悲しかったですが、これから先もドイツ語は使っていくかもしれません。相性がいいので。

曲作りは、多分大したことをしていません。
あの中盤の展開は初めてやったんですけどね。
シンコペーションの効いたフレーズです。
あそこは録音に苦労しましてね。裏技を使ってしまいました。笑
包み隠さず白状しますがドリームシアターに影響を受けたフレーズになっていると思います。

機材はいつもと同じです。安定してきましたね。 ここまでが長かった。。
Fujigen ExpertOS×Mesa Boogie Dual Rectifier(POD X3内蔵)

人気ブログランキングに参加しています初めにクリックお願いいたします!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21021681
という訳で、投稿しました。

今回事前情報をブログに一切載せなかったですね。ツイッターの方では結構喋っていたんですが。(笑)

◇歌詞◇
例によってかなりの部分をオルテガの『大衆の反逆』より影響を受けています。
今回は比喩を多めに、言葉の美しさを重視しました。
当初は、考えるのは言葉で考えるから、言葉という文化の制約を受けるため、何ものにも縛られずにものを考えることはできないっていうテーマでやろうかなと思っていたんですが、説教臭くなってしまったので変更しました。
いつもの歌詞よりも、文章という感じがなく、歌詞らしい感じに仕上がっていると思うのですが、いかがでしょうか?

◇作曲◇
音域の問題でAメロのところの唄い方がちょっと変なんですよね……。
これでもなんとかしたほうです。これ以上の改善は今の僕には難しいです。
ロングトーンのメロディーで勝負だとちょっと前から決めていたので、サビは悲壮感と優雅さとを感じられるようなロングトーンのメロディーを作りました。
変拍子は作っていて面白いですね。やはり。

◇機材◇
Guitar:Fujigen EXPERT OS
Amp:Mesa/Boogie Dual Rectifier(PODX3内臓のもの)
Cable:Evidence Audio Lyric HG
録音には苦労しました。まずはなんといっても速かったので。(笑)
あと、ギターソロも割とロングトーンで作っているのでピッキングのニュアンスやらタイム感を表現していくのに難しさを感じました。
ギターソロの最後のビブラートは個人的に会心の出来だと自負しているんですが、如何でしょうか。

そんな感じです。

人気ブログランキングに参加しています初めにクリックお願いいたします!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20848990
という訳で社畜の唄をリメイクしました。

前回も言いましたが、この社畜とかブラック企業とかっていうのは不況の所産なわけであって、不況を何とかすれば自然に消滅していくものだと思っています。
勿論すべて解消されるわけではないでしょうけれど。
今の財政政策と金融政策はかなり良いですね。
民間がお金を使わないときは、政府が使うしかないのです。

さて、リメイクの話。
ツインギター構成にしたので、新しくギターを録音しつつ、修正するところは修正し、ミックスバランスを整えました。
シングルコイルのギターでピッキングハーモニクスは、難しいと聞いていましたが実際難しかったです。
キャパリソンで録るのもありだったのかもしれません。
フレーズ自体が簡単に感じられたので、今後はもっと難易度のあるものに挑戦していこうかなと思っています。
違和感のあるところは元々入れていたリズムギターの方も再録音しました。

EQは、Dream TheaterのNever Enough辺りを参考にしました。とはいっても完全に再現できるわけもないのですけど。
昔よりもいいバランスになっているのではないかと思いますけど、如何でしょうか?

◇機材紹介◇
ギター:左右ともFujigen Expert OS(オーダー時のまま)
アンプ:左右ともMesa/Boogie Dual Rectifier(POD X3)
シールド:Evidence Audio Lyric HG

人気ブログランキングに参加しています初めにクリックお願いいたします!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20624775

投稿してきました!

まず、曲調から。
メタルではないどころかロックでもないという、碌でもない曲調です。(笑)
今回私の録音はありません。
シンフォニーと銘打ってはいますが、使っている楽器はクラリネット・フルート、ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コンバス、ハープ、ティンパニ、バスドラ、シンバル、ドラムキット、アコーディオン、チェンバロと、金管が入っていない構成になっています。
ちょっと小構成ですが、これでも大変だったんですよ。弦楽隊を長弓短弓指弾きに分けたのですが、当然のことながらトラック数が多くなりました。オーディオ処理には負荷がかかり、再生できない状態にまで陥ったりしましてね。
結局最後は分かったので何とかなりましたが、それでも結構辛くございました。

さて、組曲プロジェクト復活ということで歌詞とテーマの話を重点的にしましょうか。
とはいってもテーマはネタバレを避けるために断片的に書きますね。
今回の組曲は人形劇がテーマです。魔法の糸は次の曲で詳細が出てくる予定です。
一応この曲でもちょろっと出ましたが。
人形劇場で主人公(クローディア)が生ける伝説と呼ばれた祖母(コーネリア)の影を追うというストーリーに見えますよね。今のところは。まあお楽しみに。
クローディアが祖母の最後の公演を見て人形劇にはまり、入団するというのが今回の曲で語っている部分です。
最後の公演というのは、実はコーネリアは自分の死期が近いことを悟っていて、その上でやらせてもらった公演ということなんです。ちょっとした裏設定です。末期がん患者の方に最後の思い出を、みたいなのをイメージしていただければと思います。

今回使った歌詞で、最後の曲のひとつ前の曲に出てくるところがあります。
ちゃんと伏線を張っていますよ。お楽しみに。

きちんとプロットを打ってあるので、後は半ば機械的にそのテーマで歌詞を書き、曲作りを楽しむだけですね。
最後まできちんと作りますよ!
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
HeavyMetalCafe
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
Copyright ©  -- HeavyMetalな文明論 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]