忍者ブログ
ボカロPなんてやってます。 クラシックとメタルと日本とが好きです http://www.nicovideo.jp/user/19114664/video https://twitter.com/MetalCafeteria http://theinterviews.jp/metalcafeteria http://piapro.jp/HeavyMetalCafe

人気ブログランキングに参加しています初めにクリックお願いいたします!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人気ブログランキングに参加しています初めにクリックお願いいたします!
さて、前回べた褒めした愛機について今回も語りたいと思います。

僕のCaparison TAT2は、去年の12月初旬に買いました。
生産時期から考えて、Caparisonの生産が止まる前の最後のモデルなんじゃないかと思います。(今は復活していますよ)
ちなみにURLはこちら。
http://www.caparisonguitarcompany.com/ja/regular-series/tat/item/tat-ii

この一年使ってみてどうだったのかっていうのを書こうと思います。
まず、ネックはかなり太いです。
当時他にPRS CUSTOM24(もちろん本国製)を持っていましたが、ネックの握り心地は全くと言っていいほど違いました。
ヘッド側のほうが台形になっていて、ボディ側に行くにしたがってなだらかになってゆく感じです。
スルーネック、メイプルネックエボニー指板+極太ということで音にはかなり芯がありますし、サステインの伸びも素晴らしいです。
さらに、このモデルは、多分ギターの中でもかなり異質で、Caparisonでしか、それもこのモデルでしかやっていないんだろうと思いますが、ネックに対してボディーの角度を設定しているんです。
普通はネック角を設定するにしても、ボディーに合わせて設定します。
いわば逆転の発想ですね。
これがまた弾きやすいのです。
人間工学といったところでしょうかね。ボディが体に吸い付いてくる感覚です。
音も前回書いた通り、しっとり系なディストーションも作れますし、ノブのコントロール次第でジャズっぽい音も作れます。

きちんとメンテをしつつ、大切に使ってゆきたいと思っています。ズッ友…だょ…!
PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
HeavyMetalCafe
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
Copyright ©  -- HeavyMetalな文明論 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]